大豆に含まれるイソフラボンで女性らしい体を作ろう

東洋医学での対処方法

生薬

病院との治療法の違い

更年期障害の症状で悩んでいる場合、一般的な西洋医学の病院での治療方法といえば、ホルモン補充療法が主流です。しかしホルモン補充療法に不安や抵抗があったり、それで症状が改善されないような場合は、東洋医学の漢方薬を使用するという治療方法もあります。漢方薬での治療は西洋医学のような病名から治療を開始するのではなく、まずは患者の体調や体質を見極めることで治療方法を決定します。それゆえに患者個人によって治療方法も異なり、使用される漢方薬もその患者に合わせたものが選ばれます。ちなみに更年期障害の場合、漢方ではおもに三種類に症状が分類されることが多く、体力や抵抗力があってのぼせやほてりなどの症状がある場合は実証、体力や抵抗力も弱くて冷え性などがある場合は虚証、均衡が取れているが不安やイライラがあるのが中間証で、この分類によって使用する漢方薬もそれぞれ異なります。

診察での違い

更年期障害を漢方で改善したい場合、しかしながら一般的な病院とは治療方法以外にもいろいろ異なる部分がありますので、あらかじめ理解しておきましょう。まず漢方薬は一般的な薬と違って複数の症状に効果が期待できるというメリットがありますが、即効性はあまり期待できません。また合うものがすぐに見つかれば良いのですが、そうでない場合はなかなか効果も実感できないため、途中で変更することもあります。そのために時間がかかる場合もあるので注意しておきましょう。そして診察に関しても、一般的な病院での診察では見られないような、一見すると更年期の症状とは無関係の部分の診察や問診などが実施されることもあります。もっともこれは病気の原因を探るために実施されているため、とくに心配はありません。

Copyright © 2016 大豆に含まれるイソフラボンで女性らしい体を作ろう All Rights Reserved.