大豆に含まれるイソフラボンで女性らしい体を作ろう

ユーグレナと免疫力向上

栄養補助食品

ユーグレナと乳酸菌

近年注目されている健康食品にミドリムシがあります。ミドリムシは通称で、本来の名称はユーグレナといいます。ユーグレナは藻の一種で、水と太陽光と酸素があれば光合成が可能なため、少ない量で大量に生成することが可能です。そのような特性に加えて、様々な健康効果が期待できるということで、夢のような食品であると期待されているのです。ミドリムシの健康効果は様々ありますが、その中でも注目されているものの1つが免疫効果です。ミドリムシは乳酸菌との相性がオリゴ糖よりも良いと言われ、一緒に摂取することで高い整腸効果が期待できると言います。腸内環境を整えることは免疫力向上に繋がるため、ミドリムシと乳酸菌を同時に摂取することで免疫力の向上が期待できるのです。

人の免疫細胞

どうして腸内環境を整えると免疫力が向上するのでしょうか。その理由は、人間の免疫細胞の多くが腸内で作られているからです。人の免疫細胞には数多くの種類があります。その中でも有名なのがナチュラルキラー細胞です。人の体内では毎日数千ものガン細胞が生まれていると言われていますが、それでも人が健康状態を維持できるのは、ナチュラルキラー細胞をはじめとした免疫細胞がそれらを死滅させているからです。このことから、免疫細胞の力が弱まれば、人は健康を損なうということが言えるのです。そして免疫細胞の多くが腸内で作られているということは、腸内環境を整えることは、健康維持に必要不可欠ということです。乳酸菌と相性の良いユーグレナが、高い人気を誇る理由の1つはここにあります。健康維持を考える場合は、乳酸菌と一緒にミドリムシを摂取して、腸内環境を積極的に整えるようにすると良いでしょう。

Copyright © 2016 大豆に含まれるイソフラボンで女性らしい体を作ろう All Rights Reserved.